なすびママの日常

モスキート鉗子とは?

モスキート鉗子は、外科手術などで使用する小型の鉗子です。

「モスキート(=蚊)」とは「小さい」という意味で使われており、概ね12cm以下の小型のコッヘル鉗子・ペアン鉗子の総称です。

モスキート鉗子には、『モスキートコッヘル(直)・(曲)』『モスキートペアン(直)・(曲)』の4種類があります。

うさぎ先輩  

「コッヘルやペアンとの違いが分からない!」と混乱しがちですが、『サイズの小さい鉗子』というイメージで覚えましょう。
基本的にはコッヘル鉗子やペアン鉗子と同様の使い方をします。