看護まめ知識

ペアン鉗子

ペアン鉗子とは?

ペアン鉗子とは、外科手術の際に使用する止血用の鉗子です。
止血用の鉗子にはコッヘル鉗子という物もあります。

双方はとてもよく似ていますが、双方の違いは鈎が有るか無いかです。
コッヘル鉗子は先端に鈎(かぎ)状の突起があるのに対し、ペアン鉗子には鈎がありません。

ペアン鉗子⇒無鈎(むこう)
コッヘル鉗子⇒有鈎(ゆうこう)

基本的に、ペアン鉗子は、コッヘル鉗子のような有鈎のものを使うと、組織の損傷や穿孔などのリスクが生じるシーンで使用されます。

病棟や外来で、チューブ類をつかむためにペアン鉗子が使用されますが、これはチューブ類の損傷を避けるためです。

ペアン鉗子は鈎がないため、従来通りに血管を挟んで止血をしたり、結紮糸をかける際や他の鋼製小物を手術に使用する際などに使用します。

ねこ先輩 

手術の進行状況に応じて、皮膚や皮下軟部組織の場合は「鈎」付きの鉗子を使用し、腹腔内、胸腔内、といった実質臓器に使用する場合は「鈎」なしを選択するようにしましょう。